アメリカ イラン 攻撃。 イラン司令官殺害、米軍の攻撃は正当なのか

www.readit.hk : 米、イランにサイバー攻撃で報復 タンカー攻撃に使われたソフト標的

アメリカ イラン 攻撃

South China Morning Post. さらなる攻撃はより痛みを伴う壊滅的な報復をもたらす」などと米国を牽制(けんせい)しつつ、米軍の中東からの撤退を要求。 さらに、それは「文化遺産を標的にするのは戦争犯罪に当たるため」、攻撃を否定する意味かと聞かれると、「それが武力紛争の法だ」と述べた。 (中略)外相とイランは両国の軍事力の不均衡は重々承知している。 この狭くなっている部分を封鎖してしまえば、ペルシャ湾からの石油輸出はストップします。 標的のネットワーク内部のなるべく多くのコンピューターを破壊する意図で作成された、いわゆるワイパー型マルウェアだろう。

次の

アメリカvs.イランで深まるイラクの混迷――漁夫の利を得るIS (1/2)

アメリカ イラン 攻撃

最近ではイランのハッカーは、アラブ首長国連邦、カタール、クウェートなど、隣接するペルシア湾岸諸国の民間企業や、サウジアラムコを大口顧客とするイタリアの石油会社サイペムを攻撃した。 軍事資源に乏しい国の対抗手段 攻撃のあと、軍事アナリストとサイバーセキュリティアナリストは、とりわけ波状的かつ破壊的なサイバー攻撃がイランの対応に含まれる可能性を警告している。 ソレイマニ氏殺害に怒る人は「ストックホルム症候群」だと批判された。 すでに、ロイター通信や米ABCテレビの他、攻撃側であるイランの国営テレビや、現地・イラク内複数のメディアでも報道されているとのこと。 ロウハニ氏はアメリカについて「お前たちはソレイマニの手を体から切り落とした。

次の

イランのハッカーは、米国に「破壊的なサイバー攻撃」で報復しようとしている

アメリカ イラン 攻撃

ロウハニ大統領はさらにツイッターで同日、「ソレイマニ将軍はイスラム国、アルヌスラ、アルカイダなどと英雄的に戦った。 須田)冷静に見なくても、何が起こっているか確認すればすぐにわかるはずです。 2019年6月26日閲覧。 これに対してイラン革命防衛隊のラメザン・シャリフ報道官は、自分たちのミサイルがアル・アサド基地の「35カ所」に当たったと表明。 被害者と損傷の把握が進んでいる。 「今回の攻撃の規模を考えると、イランがその方針を変えることは十分ありえると思います」 ワイパー型マルウェアが最も可能性の高い攻撃の形態であることはほぼ間違いないが、潜在的な脅威はワイパーに限定されない。

次の

イランがアメリカをミサイル攻撃!トランプ大統領の声明内容はさらなる報復か?

アメリカ イラン 攻撃

米軍、中東に3千人増派へ イランのソレイマニ司令官殺害について話すトランプ米大統領=2020年1月3日、米南部フロリダ州(ロイター=共同) 写真提供:共同通信社 大統領選を控えているなかで戦争はしたくないトランプ大統領 須田)それが義務を果たしてくれないものだから、致し方なく攻撃を仕掛けたということを考えれば、次の展開としては、アメリカとイランの革命防衛隊も含めて全面戦争につながって行くかというと、そうはならないだろうというのが私の読みです。 イランは米軍基地にミサイルを撃ち込んだ。 それ以降、イランとアメリカの緊張が高まっていた。 米軍も撃墜を認めたが、領空侵犯については否定しており、攻撃を強く非難している。 トランプ大統領は説明を受け、状況を注視しつつ対応を協議している」とコメントしました。 フランスは断固として、緊張緩和に向けて働いていく。

次の

2020年に入ってアメリカがイランへ攻撃激化!?両者の関係について詳しく解説!

アメリカ イラン 攻撃

CNNテレビによると、イランはミサイル攻撃実施を事前にイラク政府に伝えていた。 これはイラクが石油を求めてクゥエートに侵攻したからですが、その原因は経済難で、その原因がアメリカが支援したイラン・イラク戦争。 中東各地で米兵が狙われる可能性 イラクでは、ソレイマニ司令官の暗殺作戦で、カタイブ・ヒズボラの指導者アブ・マフディ・アルムハンディス容疑者も死亡しており、シーア派組織の間では反米感情が高揚している。 国営シリア・アラブ通信が伝えた。 イランには軍隊が2つあります。 すでにメリカの経済制裁によってイラン産原油の流通が制限され、それによってシェアの空白が生まれるなか、その多くをロシアはサウジアラビアとともに確保した• 日本の安倍晋三首相は、2019年6月14日夜の記者会見でタンカー2隻への攻撃を「断固非難する」と述べたが、攻撃国名については言及しなかった。 ちゃんと査察団も「イランは核合意を守っている」と結論を出したにも関わらず、アメリカパワーで強引に脱退。

次の

アメリカがイランを攻撃できない理由-「イラク侵攻」以上の危険性とは(六辻彰二)

アメリカ イラン 攻撃

誰も文句を言える筋合いじゃないと思う」と述べていた。 革命防衛隊は声明で、攻撃が今月はじめ、イランの革命防衛隊のソレイマニ司令官がアメリカ軍によって殺害されたことへの報復だとしていて、作戦名は「殉教者ソレイマニ」だとしています。 イランのジャヴァド・ザリフ外相は、トランプ氏の言い分はして回ったのに似ていると批判した。 2019年6月14日. イラクの政変とアメリカvs. Missiles launched from Iran at two military bases located in Iraq. Keinon, Herb 2019年6月16日. Reuters. だからこそ、イランは何があってもアメリカの挑発に乗って戦争になるのを避けようとしています。 「イランは米国とオーストラリアやNATOなどの米国連合軍を標的にすることを渋っていました」と、ランド研究所のタバタバイはいう。 6月13日、米軍は、現地時間の午後4時10分にイラン革命防衛隊の隊員がリムペットマインの不発弾をコクカ・カレイジャスから除去していることを示すとする動画を公開した。 このタイミングでやらざるを得なかったというところがあると思います。

次の