中国 コロナ 責任 とれ。 米TV「中国はコロナの責任とって謝れ」

習近平は失脚も? 中国でコロナ後に待つ共産党「大粛清」のゆくえ(矢板 明夫)

中国 コロナ 責任 とれ

タイトルは3月2日放送の 米FOXニュースの中で、司会者のJesse Watters氏が述べた言葉。 習近平(シー・チンピン)政権は世界制覇をもくろんでいる。 「ここに座っているコメンテーターの方々と一緒になって」、という部分については周りのコメンテーターも苦笑している。 むしろ報道官は、この現象は世界的な現象であり、どこの国が発祥とかは関係ない、今は世界全体で一致団結すべきだ、と当たり障りない回答をしている。 エマニュエル・マクロン仏大統領は「中国が新型コロナの流行にうまく対処していると『ばか正直』に信じてはいけない」と警告し、ドミニク・ラーブ英外相(首相代講)は、新型コロナがどう発生し、なぜ早期封じ込めに失敗したのか、中国に「厳しい質問をせざるを得ない」と語っている。 壊れたり失くしたことを何も言わずに返してくることがおかしいですよね。

次の

トランプ「中国、コロナの責任をとれ」…中国へ全方位的な圧力かける|ニフティニュース

中国 コロナ 責任 とれ

結果、国民は食に飢え、食べ物は調理されずに出回っている。 (・環境問題について) 「環境変動なんて日焼けローションで対応できる。 中国依存度の高い製品・素材の生産地を日本国内に戻そうという、主要供給網の再構築である。 注目されたのは、1ヵ月以上も消息不明だった国家副主席の王岐山氏が登場し、ほかの指導者と一緒にスコップで土を掘り、元気な姿を見せたことだ。 日本でもブラック企業が問題になっていますが日本以上に中国には責任感のない経営者が多いと思います。 未知の感染症に備えよ 新型ウイルスの感染拡大は、中国共産党の一党独裁体制における硬直した官僚組織がもたらしたと言える。

次の

トランプ「中国、コロナの責任をとれ」…中国へ全方位的な圧力かける│韓国政治・外交│wowKora(ワウコリア)

中国 コロナ 責任 とれ

8%となった。 米国のニュース専門放送局であるCNBCは、トランプ大統領のこのツイッターは、これから米国が中国に対し一層圧力をかけることを示唆していると報道した。 つづけて「100の貿易協議をしても(中国がもたらした)被害の穴埋めはできない。 お疲れ様です、かるなです。 ブラック企業だらけ このブログで何度か登場している義兄か勤めていたお店の話です。

次の

新型ウイルス 身勝手極まる中国の責任転嫁

中国 コロナ 責任 とれ

今回、この話題を取り上げようと思ったのは、このFOXの問題発言を見たからというわけではなく、 で珍しく溢れる記事が見受けられたからだ。 写真は州都ミラノ。 その時その人が言った言葉が「こんな所を歩いている子供が悪い」でした。 半年後に帰ってきた私の電動バイクは案の定ボロボロになりました。 「中国人は謝れば自分の責任になってしまうから謝らない」と聞いたことがありますが責任とは謝るかどうかではなく、やってしまった事に対してどう行動するかだと思います。 単純に『悪かった』、その一言で済む話です」 「中国からの正式な謝罪が、明日、もらえると信じてます。

次の

【中国人の性格】責任感がなさすぎて笑うしかない・・・

中国 コロナ 責任 とれ

一方、習近平国家主席ら最高指導部のメンバーはマスクなしの素顔だった。 もちろんFOXの司会者も、中国の専門家がウイルスは中国発祥じゃないかもしれない、なんて言ったのを皮切りにコロナは米国発祥、みたいな根も歯もない噂が中国内で話題になっているのを目にして、腹を立て、あのような発言に至ったのかもしれない。 そして、中国への賠償訴訟が次々と提示され、民間の弁護士や団体ばかりか、ついに米ミズーリ州の司法長官が正式に提訴した。 米国では、上院のトム・コットン議員やジョシュ・ホーリー議員、下院のランス・グッデン議員やジム・バンクス議員らも、感染拡大を隠蔽した中国当局の高官を処罰し、損害賠償を求める決議案や、最初に告発して犠牲となった医師の名前を冠して「李文亮法案」「ストップCOVID19法案」などを提出した。 中国の国営中央テレビは同日午後7時のニュース番組で、トップニュースとしてその映像を流した。

次の

トランプ「中国、コロナの責任をとれ」…中国へ全方位的な圧力かける|ニフティニュース

中国 コロナ 責任 とれ

新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期されていた。 中国は猛反発しているが、発生源が武漢であることは明白だ。 しかし、中国の死者より米国、イタリア、スペイン、フランス、英国、イランの犠牲者数が多くなり、とりわけ欧米先進国は病院崩壊の危機対策に追われて、中国バッシングどころではなくなった。 大した問題じゃあない」 (トランプの移民政策で移民の親子が引き離される状況について) 「一部の人から見れば、移民の親子を一緒にいさせるより、(別々にする方が)よっぽど思いやりのある政策ですよ」 (元大統領候補の選挙マネージャーのメールがロシアにハッキングされ、メールが流出した際) 「彼がにパスワードを渡したんですよ、その時のパスワードなんだと思います?『パスワード』ですよ、いやほんとの話。 対面による記者会見は中止され、代わりにテレビ会議やインターネット中継が行われた。

次の