エコノミスト 表紙。 英国The Economist(エコノミスト)のバックナンバー

予言雑誌『エコノミスト 2020世界はこうなる』“表紙に隠れた暗号”を専門家が読み解く! ソフトバンク、G20、第三次世界大戦…

エコノミスト 表紙

首都高が音羽付近で倒壊。 予想地域の連発。 しかし今回は、趣きをガラッと変え、タロットカードをモチーフにした図柄となっている。 記者会見で、時価総額国内首位のトヨタの豊田章男社長と同2位のソフトバンクの孫社長が固い握手を交わしたことは、報道陣にかつてない産業構造の変革が進んでいることを印象づけた。 共和党のトランプが再選されるのか、民主党が覆すのか、世界から最も注目される話題のひとつです。

次の

【エコノミスト】2020年5月11日は首都圏で複合災害の予言【イルミナティカード】

エコノミスト 表紙

1988年に発行された表紙には、30年後の2018年にお金がビットコインに変わるという下のイメージの図が掲載されていました。 3』という数字。 もちろん、日の出の可能性もあるが、安部首相の顔もなく、敢えて旭日旗をモチーフにしていることから日没=日本沈没を意味している気がしてならない。 まるで30年も前に昨今のビットコインの隆盛を完全に見抜いていたかのような印象を受けるが、実のところ、彼らの計画が実現したと言った方が正確かもしれない……。 エコノミストの表紙の絵はロスチャイルドの支持者らのために暗号化されています。

次の

2019年 エコノミストの表紙の絵の通りです。

エコノミスト 表紙

特に2015年を予測したエコノミストの表紙には大きな反響がありました。 2020. タクシー大手の日の丸交通と自動運転技術開発のZMP(東京都文京区)がタッグを組んだ。 人的災害も起こしそうで、な〜んか嫌な感じです。 ヒントはカードの重なった部分にありました。 最後のロシア…この国要注意かしら? 【経済のこと】 とうとう出ましたよ! リセッションの文字が!! 計画しないで〜 アメリカの大統領選挙後の秋口から暴落?その前から? とにかく 株価は乱高下しそうです。

次の

英エコノミスト誌の表紙絵が予言している世界通貨とは何か(後編)

エコノミスト 表紙

1982年に発売されたイルミナティカードは、解釈の仕方によっては恐ろしいほど、現代の仮想通貨バブルを予言しきっている。 また、大規模修繕の回数ごとにも結果がまとまっている。 右下に2つに割れた地球が描かれている点も示唆的だ。 「ビジョン・ラット」は、ネズミが媒介して猛威を振るった中世のペストを意味していると思われます。 5」と書かれています。 その結果を見ると、1戸当たりの工事費は75万~100万円が最も多く、仮設工事や外壁塗装、屋根防水、給水設備など工事金額の内訳も分かる。

次の

2019年 エコノミストの表紙の絵の通りです。

エコノミスト 表紙

。 今後大きな地震が発生するのではないかと不安を抱いている方も多くいらっしゃいます。 パソコンで閲覧している方は下記の QRコードをスマホで読み取って下さい。 変動の多い為替レートの世界であっても、個々の政府は非友好的な外界によって政策の独立性がチェックされる。 エコノミストの表紙やイルミナティカードでは数々の予言を的中させています。

次の

2019年 エコノミストの表紙の絵の通りです。

エコノミスト 表紙

1988年に発行された英エコノミスト誌 エコノミストとロスチャイルド家とイルミナティ ビル・ゲイツも愛読している英国の経済紙エコノミストは、情勢に与える影響も大きく、世界で最も権威ある政治経済紙の一つと言われています。 今回は、5. 「IMMOって何だ?」って思われる人が多いと思うのでIMMOについて簡単に説明します。 【当たっていた予言】 ・大麻解禁の流れ ・スマホ決済 ・VRと管理社会 ・トランプ大統領の活躍 ・富士山の噴火はなし 【はずれの予言】 ・インドの経済発展 ・月旅行? ・ブレグジット その他、絵から読み取れる情報が曖昧でわかりませんでした。 これを見る限り、今後の中国と西側諸国との軋轢や争いを描いているように思われるが、陰謀論者からはキリスト像を掲げているのは、キリストを磔刑にしたユダヤ人に他ならないとの意見も出ているようだ。 時計台のカードは、人々が火から逃げ回っています。 2020. 【事件や災害】 残念ながら、気候変動が2020年も続きそうです。

次の