アフター コロナ ビジネス。 アフターコロナのビジネスにヒントとなる購買行動の変化とは

コロナ後にとるべき経済戦略とは。想定外の事態に強い「遊び」「冗長性」のある収益モデルに投資せよ

アフター コロナ ビジネス

興味ある方はご覧になってみてください。 オフラインで従来どおりの商売を続けたところで、顧客離れば止まりません。 住宅や自動車などの高額商品の購入はもちろん、旅行やブランド物などの贅沢な買い物も、以前と同じようには購入しないはずです。 強力なサプライチェーンに強みを持つ日系製造業においても、世界同時多発的に発生したコロナショックのダメージを免れることはできなかった。 「オンライン化しなければ命の危険がある」という状況になってしまったわけですから、いままでの「ゆっくりと変えていけばいいや」という甘い考えは通用しません。

次の

アフターコロナを生き抜く製造業が“ニューノーマル”で求められるものとは (1/3)

アフター コロナ ビジネス

つまり、自発性と専門スキルを身に着けた人が、アフターコロナに必要とされる人材です。 この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。 そのほか日常でも、パスポートの申請や住民票の取得など、様々な手続きがオフラインに依存しています。 国内でもドワンゴなどが全社員を原則的に在宅勤務とする方針を固めました。 特に注目していたのが、 ・文明の1600年周期説 ・日本の70年周期説 ・金融経済の10年周期暴落説 この3つです。 その象徴ともなっているのが、行政機関のアナログシステム。

次の

「アフターコロナ」で劇的に変わる製造業の営業スタイル、顧客との新しいつながり方を教えよう|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

アフター コロナ ビジネス

【ダウンロード資料】未来予測年表Monthly Report 本レポートでは をベースに、日々のリサーチ活動で得た情報の中で、未来予測に関連した事柄をピックアップし、コメントを記載しています。 新しいエンターテインメントビジネスの発生 3. しかも、単なるテレワークだけでなく、テレワークの技術を使った新ビジネスもどんどん増えていくことが予想されています。 だからこそ、多くの日本企業は収益のトップラインが伸び悩むなかで、安い労賃を求めて生産拠点の国際展開を進め、生産性と効率性をぎりぎりまで最大化することで、売上高が伸びなくても利益を増やし、株主の要求に応えてきた。 今回の新型コロナウイルスのまん延は、消費者の意識をどう変え、ビジネスはどう変わるのか。 世界の航空需要の推移は一貫して上昇してきた(図1)。

次の

コロナ後にとるべき経済戦略とは。想定外の事態に強い「遊び」「冗長性」のある収益モデルに投資せよ

アフター コロナ ビジネス

かつて無い規模の感情の共振が生み出すものは何か 人間は理性的である前に感情に支配される生き物でもある。 その結果、 (1)センシング、 (2)ロボット、 (3)自動運転、 (4)オンライン(遠隔)、 (5)デジタルトランスフォーメーション(DX)の5つの技術が浮かび上がってきた。 大きな危機に際して苦境に立たされている企業は多いが、その一方で、ヘルスケア産業やオンラインサービスなどでは新しいニーズも顕在化しており、それらを核とした大きな産業構造の変化はすでに始まっている。 外出自粛要請を受け、都内は閑散。 それにより、顧客に商品、サービス内容をイメージしてもらいやすくなり、結果的にアフターコロナで活躍する事業となるのです。

次の

コロナ後にとるべき経済戦略とは。想定外の事態に強い「遊び」「冗長性」のある収益モデルに投資せよ

アフター コロナ ビジネス

医療連携とデジタライズ (相互接続性) 病院がコロナ患者の報告をFAXで行っているとの報道があったが、その後WEBシステム化されることとなった。 テレワークの導入やオフィス構築、従業員管理など、企業にはさまざまな課題が新たに課されている。 現実の店舗は、ますます付加価値を求められ、オンラインショッピング自体は増加していくため、引き続き産業としては苦境に陥るはずだ。 コロナは国境を越えて拡大します。 しかし同時に、これまでなかったビジネスチャンスをもたらす可能性もあるのです。 対面2. そして今後は更に、 5G、VRなどテクノロジーが発展して、 よりオンライン会議もスムーズに 出来るようになっていくので、ますます戻れません。 なので、各社、リモートワークにいち早い対応を目指し、通常の仕事が回るようにインフラやワークフローを日々改善しているはずです。

次の

アフターコロナのビジネスはできるだけ人との接触を避ける「非接触ビジネス」を強く意識したほうがいいですね

アフター コロナ ビジネス

江戸幕府と黒船をはじめとした過去の政変から、フィーチャーフォンとスマートフォン等、今日のビジネスまで、日本は想定外に国境が開き海外の波を受けるともろさを露呈してしまう。 社会のあり方が変わるということは、ビジネスのあり方も変わってしまうということ。 公園やパブリックスペースの増加 都市計画は見直されるかもしれないが、そこには長い時間を要する。 生徒はPCの向こうで全員寝ているかもしれないし、講師から生徒に対して質問を投げかけることもできません。 冒頭で、大学がオンライン授業を始めたと紹介しましたが、あれは完全に、ネットビジネスの世界で言うウェビナーですから、見方によっては情報商材と同じです。 そうなると、「環境が良く、安全で広い家を持ちたい」とか、「仕事がしやすい空間にリフォームしたい」という需要が高まるかもしれません。 」という共通認識がありながらも、根本的な対策をうってこなかった社会ですが、「やらざる追えない」という状況下では、変化が起こります。

次の