インフル と コロナ。 「新型コロナは季節性インフルより怖いの?」問題について

新型コロナ「インフルほど感染力高くない」 WHO見解 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

インフル と コロナ

スマホで行動を監視し、感染した人を追跡するという徹底的な規制をかけることで、ようやく感染者の増加をゼロに近づけたのです。 インフルエンサーマーケティングエージェンシーや専門家の話をまとめると、ブランド各社はこれからの数週間を、インフルエンサーを使って消費者の関心を集めるチャンスと考えており、その時期や方法を検討しているということらしい。 オーストラリアでも毎時間絶え間なくこの新型コロナウィルスのニュースが流れてきます。 ・・・ 危機管理とは、「発生確率」と「発生時の被害」の和で優先度が決まります が、感染症も同様に「感染力」と「死亡率」の和で対応を冷静に考える べきものです。 そもそも一度陰性になったのに再び陽性になった人がいるという報道すらあるくらいで、検査の誤差もあるのでしょうが、感染すればすぐ免疫ができるというものですらなさそうです。

次の

「新型コロナは季節性インフルより怖いの?」問題について

インフル と コロナ

いくつかの既存の医薬品が効きそうという報道はありますが、ワクチンの実用化などには1年以上かかるとも聞きます。 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 深刻な呼吸器疾患は肺炎につながり、死に至ることもある。 コロナ程度でそんな混乱が起きるのに、それより遥かに被害が大きい(しかも 毎年発生してる)インフルでは何事もないのは、ウイルスのせいでなく人間社 会が勝手に狂乱パニックに陥ってるからです。 CDCとは、米国で感染症対策の司令塔となる国立総合研究所である。 最新の状況や詳細については、インターネット等でご参照いただければ幸いです。 新型または再興型インフルエンザ感染症で他の抗インフルエンザ・ウイルス薬が無効または効果不十分に限ると言う但し書きがついています。

次の

パニックになるな!新型コロナウィルスと普通のインフルの違いをまず理解しよう

インフル と コロナ

せめてサーズ並みの死亡率なら これぐらいの対応もわかりますが、死亡率と感染力の和を考えるとやはり 空騒ぎに等しく、このウイルスによる死者よりパニックによる医療体制の マヒによる犠牲の方が大きいくらいでしょう。 CDCの推定に関する詳細は本文最後の追記を、修正内容についてはコメント欄をご参照ください。 次の図のようにインフル関連死を含む「超過死亡数」でみると、1998年には3万7000人が、昨シーズンは3000人がインフルで死んでいる。 ご利用に当たっては次の事項にご注意ください。 自分が言ってるんじゃない ここはとても重要なところですが、この件の最初に書いた通り私自身は専門家ではないので、報道されている情報をまとめています。 インフルにはワクチンも治療薬もあるのに、予防接種には健康保険もきかない。 現在進行中。

次の

死者1万人超「米国インフル猛威」は新型コロナかもしれない (1/2)

インフル と コロナ

何も止まらず生活や経済は動いている。 新型コロナウィルスはどれぐらい危険なのか? 本文冒頭に「まとめ」、最後に「CDCによる情報」を追加しました。 日本は、という、他国に比べても「 かなり緩い要請」が呼びかけられているだけです。 現実問題、東京で行われるスポーツ・イベントは中止になっています。 このWHOが緊急事態宣言を行うほどなぜこの新型コロナウィルスが脅威なのか? 政府は「新型コロナもインフルエンザも呼吸器に重篤な疾患を引き起こす」と指摘し、同時に罹患(りかん)して症状が悪化する可能性を警戒する。 教会では、そうです。

次の

新型コロナは全く怖い病気ではない。むしろ、いつものインフルの...

インフル と コロナ

(太字強調は、筆者判断) 神戸市立医療センター中央市民病院(同市中央区)が、 外来患者の約3%から新型コロナウイルスに感染したことを示す抗体を確認したことに関連し、同市の久元喜造市長は5日の会見で「抗体検査はさまざまな大学や研究機関などで取り組んでいるが、どのような方法が適切で、どういうふうに治療や予防に役立てていくのか整理できていない。 これは低い数字でしょうか。 異例とも言われるほどの厳しい条件がつき、一時はポスト・タミフルで年間売上は数百億から数千億円級になると期待されましたが、滅多なことでは使われない薬に成り果ててしまいました。 これをインフルエンザと比べてみよう。 ただし、「種の壁」を超えた感染はめったに起きない。

次の

新型コロナは全く怖い病気ではない。むしろ、いつものインフルの...

インフル と コロナ

やるなら検査要員が全家庭全世帯を巡回する方式にするべきでしょう。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• ・・・・ いずれにせよ、TVのコメンテーターはもちろん感染症の専門家と呼ばれる方々でも、その多くが、 直接原因としての致死率と、 統計的に高度な処理を行って得られる超過死亡率(新型コロナではまだ算定できていない数値)とを 混同しているように思います。 それでも、 感染者増を防げているわけではありません。 確かに現状の致死率はインフルよりは高いですが、かつての サーズやエボラと同様感染力が低ければ死者の絶対数も大きなものにはなら ないわけです。 また、各国もこのウィルスに対して発生元である武漢地域の中国からの入国規制や飛行機の運行差し止めなどを行なっており、それによっていやがおうでも人々はこの新型コロナウィルスの脅威に必要以上な反応を起こしているように思われます。

次の

www.readit.hk : 新型コロナ死亡率は推定0.66%、インフルの0.1%より高い傾向

インフル と コロナ

ではこの新型コロナウィルスの感染力は普通のインフルと比べてどうなのでしょうか? ただし、インフルエンザの死亡率0.1%に比べるとはるかに高い。 パニックにならないようにしてほしい記事:. 予防接種が開発されていない• 2019年末には、中国医師が新型コロナウイルスの疑いをSNSで報じたとのは記憶にまだ新しいことです。 ところが、数十年から百年に1回、まれに凶暴な新型ウイルスが誕生し、パンデミックを引き起こす。 そして、その イギリスでも、現時点での感染者数は8077人、 人口1万人あたり1人という"低レベル"です。 あくまで目安であって決めつけるのも怖いですが、症状が重くない限りは自己診断や自己隔離が基本となっている現状では、参考にできるものがあるだけでも大きいのではないでしょうか。

次の

死者1万人超「米国インフル猛威」は新型コロナかもしれない (1/2)

インフル と コロナ

日本版について• 年齢が若いほど致死率は低く、高齢者の致死率は高くなっています。 治療法も予防法もないのなら、病院に行っても感染を拡大させるだけ。 しかしながら、この新型コロナウィルスのパニックが噂を呼び、必要以上にびびっている場合があるような気がしますので、実際にこのウィルスはどれだけ危険なのかを調べてみました(WHOによる資料より)。 この人数は、医師が死因をインフルエンザと認めた人のみである。 中国の感染者数は8万人ですから、それでも1. はたして、新型コロナは騒ぐほどのものではないのでしょうか。 インフルエンザでは豚、コロナウイルスではコウモリやラクダなど異なる生物種が介在して、新型ウイルスが誕生することが知られている。 こうした生物たちが新型ウイルスを育む生物工場として機能しているのだ。

次の