あなた の 笑顔 は 誰 より も 輝き 曇り空 まで 晴れ にし て しまう。 さすらう狩人と異世界人

満月の前日に、あなたへ|pon.|note

あなた の 笑顔 は 誰 より も 輝き 曇り空 まで 晴れ にし て しまう

彼女の後ろには縮こまっている鎧の兵士が二人いる。 ・超愉快なお兄さん。 普通の人間では不可能な芸当だがアイゼリンはいとも容易く行ってみせる。 私自身ひとに流されてしまうことも時折あるからそんなところにも憧れてる 信念を貫くあなたを見て迷わぬように歩く、 ゆんぎさんは道しるべになってくれる あなたは人の辛さや弱さを理解していて 聴く人の心に優しくそっと寄り添うような、そばにいてくれるような、傷ついて疲れているひとに向けて"頑張れ"なんて無責任な言葉は決してかけないけれど明日へ進むための慰めをくれる。 今と変わらないこの気持ちを心に置いて、これから歳を重ねていっても、世界中から祝福されるゆんぎさんを見て幸せを感じたいしお祝いしたい。 キリッとしていて男らしい凛した眉毛になだらかなでスッと通った鼻筋。 ゆんぎさんのことを、 どこまでも深い愛情 一見、クールで無気力それに無愛想で素っ気ないひとのように感じるかもしれない。

次の

満月の前日に、あなたへ|pon.|note

あなた の 笑顔 は 誰 より も 輝き 曇り空 まで 晴れ にし て しまう

ステージの上でキラキラと輝くかっこいい姿をたくさん見せてくれるあなたは音楽界の先頭を突っ走るスーパースター"SUGA"。 ゆんぎさんのことになるとこの不確かな"ずっと"を望まずにはいられなくなる それほどわたしにとってすごく大きな存在です。 ゆんぎさんの選ぶ道は何であろうとわたしは勝手に想いを寄せて、全力で応援するしついて行きます。 けれどもあなたの作った音楽はいつでも一緒にいてくれる。 知っていても望んでしまう。 ひとりのひとのことをこんなにも愛おしく想うことの幸せや、次々と起こる言葉にできないような知らなかった感情も沢山教えてくれた。

次の

満月の前日に、あなたへ|pon.|note

あなた の 笑顔 は 誰 より も 輝き 曇り空 まで 晴れ にし て しまう

その体はもう動くことはなかった。 幹二さんの様子を見に来たんですよ。 震える兵士たちは目の前の存在に情けない悲鳴を上げた。 感謝されたラーム自身も嬉しそうに微笑んで見せた。 口にしたことは誰もが無理難題だと思っていることだとしても現実に変えてしまうパワーがある。

次の

絢香 みんな空の下 歌詞

あなた の 笑顔 は 誰 より も 輝き 曇り空 まで 晴れ にし て しまう

・おしゃべりさん。 彼らをこのようにしたアイゼリンは息を吐きつつも、警戒を緩めない。 そんな夕方前、訓練場でラームは鍛え上げられた上半身を露わにしながらも一で人腕立て伏せをしていた。 カルロウたちはこの匂いを嗅ぎつけ、来たのだろうとアイゼリンは睨む。 だけど本当はすごく繊細で、すごく情に熱い。 毛皮の傷は引き裂かれたものではなく何かに燃やされたような火傷の跡であった。

次の

絢香 みんな空の下 歌詞

あなた の 笑顔 は 誰 より も 輝き 曇り空 まで 晴れ にし て しまう

喋るとこの可愛い唇が、ちゅって前に尖るのがたまらない。 そこだけは唯一、絶対の自信がある。 そんな胸の高まる日を今年も迎えた 28 27 歳をむかえるゆんぎさんへの想いを、 ここに残して置きたい 実をいうと久しぶりにこういう文章を書くので少し、いやだいぶ緊張しています、 どきどき 数時間前に手紙という形ではあるけれど紙の上に書き出してみた。 世界中の愛のすべてが今日もだいすきなゆんぎさんのもとへと届くことを願いながら拙い語彙力で綴っていきます。 「どうだい。

次の

満月の前日に、あなたへ|pon.|note

あなた の 笑顔 は 誰 より も 輝き 曇り空 まで 晴れ にし て しまう

だが彼女の賞賛など意に介さず遠吠えを上げる。 ゆんぎさん、お誕生日おめでとう。 どんな名義であれ、あなたの音楽をたくさん聴かせてください..... 突然、筋トレをやめたラームにアイシアは疑問を口にする。 常に夢をまっすぐに追いかけて走り続け、とにかく一生懸命にぎっしりと隙間なく生きているその姿は光り輝いていて眩しい、反面の影にも魅力を感じてしまう。 無造作に置いてあったロングソードを彼は手に取る。 。 「射ぬけ炎の精よ! 我が矢に宿りて敵を討ちとれ!」 威勢のいい詠唱とともに矢は放たれた。

次の

さすらう狩人と異世界人

あなた の 笑顔 は 誰 より も 輝き 曇り空 まで 晴れ にし て しまう

お口を表すのにひとつ例を挙げるならシロイルカ、その"世界一かわいい"と言い張れるお口には薄い唇に 口を開けて笑うと見える歯茎にキレイにならんだ乳歯みたいなかわいい歯、それに常にきゅきゅっと上がってるネコちゃんみたいな可愛くてかわいくて仕方がない口角がある。 ・ネコちゃん。 だけど、私はアイドルとしての"SUGA"さんしかしらない。 その理由を調べるためだ。 普通の矢よりも大きなその矢を三本持ちながら狙う。 それでいてあなたは「夢がなくても大丈夫、幸せならいい。 その木には樹液ではない、明らかに人為的に塗ったような蜜が塗られていた。

次の