ファン ダイク バロン ドール。 バロンドールを惜しくも逃した選手たち。ファン・ダイクもあと一歩…

ファンダイクの凄さとは?? 世界最強CBのプレースタイルをPICKUP!!|SPOBLO ~players file~

ファン ダイク バロン ドール

特性はアグレッシブシューター+ドリキン。 昨年の雰囲気で受賞できないのであれば、もうファン・ダイクがバロンドール争いでアタッカー陣に太刀打ちするのは不可能というのがこのレジェンドの見解だ。 常に比較され続けてきたメッシとC・ロナウドだが、ここまでの道のりが同じだったわけではない。 しかし、最終的にファン・ダイクは2位。 多くの欧州有力クラブを惹きつける人気銘柄として大きな脚光を浴びる中、クラブ史上最高額の1億2600万ユーロ 約153億円 とも言われる移籍金でアトレティコに加入していた。 10月22日に2019年のノミネート者30名が開示された『フランス・フットボール』紙主催のバロンドール。

次の

リバプールCB、バロンドール有力視強まる。ブックメーカーでもメッシを逆転

ファン ダイク バロン ドール

その理由とファン・ダイク以上だと考える3選手を明かしている。 今季の活躍次第ではオランダ人としてクライフ(1974)、フーリット(1987)、ファンバステン(1988、1989)以来4人目となるバロンドール受賞のチャンスは再び訪れそうだ。 カカ 当時ミラン が受賞し、C・ロナウドが2位、メッシが3位だった。 そのDFラインを統率し、トッテナムに得点を与えなかったファン・ダイクは、決勝のマン・オブ・ザ・マッチに選出されている。 クラシコので4アシストや国王杯決勝でのゴール、CL決勝での1アシストなど、重要な試合でも印象的なパフォーマンスを見せ続けた。

次の

ファン・ダイクがバロンドールの最有力候補に!?

ファン ダイク バロン ドール

リヴァプールに所属するDFフィルジル・ファン・ダイクが今後同賞を獲得できる可能性について、オランダのレジェンドが自身の考えを述べている。 現役時代には、ミランやレアル・マドリーで活躍し、2007年にバロンドールを受賞したカカ氏。 2019年のバロンドールは、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが4年ぶり6度目の受賞となった。 同賞の発表前にはスペイン紙マルカなど複数のメディアでバロンドールの行方がメッシに決定したと報道。 その上にCLチャンピオン。 」 ファン・ダイクが受賞することになれば、2006年のファビオ・カンナバーロ氏以来、13年ぶりにディフェンダーが受賞することになるが、果たして。

次の

バロンドールを惜しくも逃した選手たち。ファン・ダイクもあと一歩…

ファン ダイク バロン ドール

そこに出席したキエッリーニは、バロンドールについてコメント。 1日に行われたチャンピオンズリーグ決勝でははトッテナムに2-0で勝利し、見事14年ぶりの優勝を果たした。 本人にとっては手放しで喜べる結果ではないかもしれないが、客観的に見れば素晴らしい結果と言えるだろう。 」 カカ 「最も難しいのは移行の最中だと思う。 僕が小さい頃、あなたは私のアイドルの1人でした。

次の

「メッシがふさわしい」…ファン・ダイク、バロンドールに言及も謙虚な姿勢

ファン ダイク バロン ドール

バロンドールとメッシ。 このオランダ人センターバックは2018年度のバロンドール投票でリオネル・メッシに次ぐ2位に入るなど、今や世界最高のDFと呼ぶ声も少なくないが、リシャルリソンは別の意見を持っているようだ。 さらに、ザ・ベストにも選出され、個人として2つの賞を獲得した。 チャンピオンズリーグ(CL)とリーガエスパニョーラの得点王に輝くなど、今季もバルセロナでゴールを量産したメッシは、史上最多となる6回目のバロンドールを受賞する可能性が高いとみられていた。 現役時代はナポリ、パルマ、インテル、ユベントス、レアル・マドリー、そしてUAEのアル・アハリでプレーした。

次の

2019『FIFAバロンドール』の受賞者は誰だ!?徹底予想してみた!|すぽみて!

ファン ダイク バロン ドール

ラ・リーガとコパ・デル・レイの2冠を達成していたが、CLではベスト8敗退、ロシアW杯でも活躍できずに終わっていたことがインパクトを欠いたのかもしれない。 そして決勝へと進んだリバプールは、トッテナムをクリーンシートに抑え2-0で優勝。 具体的には「チアゴ・シウヴァとマルキーニョス、そしてセルヒオ・ラモスの3人だ」と同胞でパリ・サンジェルマン所属のDF2人とレアル・マドリードのカピタンを挙げている。 史上最多6度目の受賞を狙うメッシとの一騎打ちになりそうです。 ザマーのドルトムントの世界一にしても、フランス的ですが、印象的であると言うこと、世界一であると言うことを同時に考えての選考であるとも思いますが、一方で、当時のブラジルのロナウドの活躍をどう捉えるのかにもより、世界一にはなっていないが、印象に残る選手であったとも言え、選考されてもおかしくはないと言う見解は存在します。 バロンドール候補?のアデル・ターラブトさんの登場に期待? — O Benfiquista Japa Decoriano20 モジャさんとマッチ? 彼は素晴らしいシーズンを過ごし、世界のトップ3の一人にも選ばれた。 2位にはC・ロナウドが入り、3位にはロシアW杯で優勝したフランス代表のアントワーヌ・グリーズマン 現バルセロナ が。

次の