Google マップ ar。 Googleマップが歩行者のためのナビ「Live View」を拡張現実で実装

GoogleマップでARナビが広く利用可に。マップを活用したインバウンド対策をチェック!

google マップ ar

Pixel以外のAndroid端末• また、2018年夏にはGoogleマップにGoogleアシスタントが実装されることも されています。 インバウンド旅行者が旅行中に急遽コンタクトレンズが必要になった場合でも、すぐに最寄り店舗を見つけることが可能です。 次世代携帯電話通信5G 今のLTE(4G)と呼ばれる携帯電話用の通信の次世代にあたる5Gのサービスが、2019年より日本で始まります。 やはりスマホで使う、となると歩きスマホの問題が邪魔をしますね・・・。 iPhoneなどのiOS端末 でも使えるようになりました。 MEOはMap Engine Optimizationの略で、ユーザーがGoogleマップ上で目的地を探しやすくする対策を指します。 また、最初より若干AR徒歩ナビの起動方法が変わっているので記事を更新しました。

次の

使える?GoogleマップのAR機能をさっそく試してみた

google マップ ar

検索最大手のGoogleが提供し始めたことから、今後さらなる普及が見込まれます。 加えて、「For you」というタブが追加され、ユーザーの好みから割り出したオススメスポットが表示されます。 スクリーンショットを撮ることはできませんでしたが、位置情報を検出した直後は、地面だけでなく建物や看板などの情報を読み取り、どの場所にいるのかを特定している様子が一瞬表示されます。 2019年末にはAPIとして、単一のRGBカメラで深度マップを生成できるようになるARCore Depth APIのプレビュー版が公開されていますが、このたび、このARCore Depth APIがARCore 1. より効果的なインバウンド対策が可能に!• 文字スキャン機能 OCR機能• ARナビとしての機能はもちろんのこと• 今まさに見えている道がモノトーンで表示されて、 その上に、30メートル進んで左へ曲がるなどの道順を案内してくれます。 ただし全体的な展開には2週間ぐらいかかるから、今日やってみてだめだったという人もいるはず。 Googleマップが、ARに対応 まず、Google マップアプリを最新バージョンに更新して、場所を検索します そして、徒歩経路を選択し、[AR を開始] をタップして道順を表示します はじめて利用する時には注意が表示されます。

次の

もう道に迷わない。運用テスト中のGoogleマップARナビゲーション機能とは

google マップ ar

最近の投稿• 最終的にはARメガネとしてリリースか? 前述した記者Pierce氏の見解では、ARナビゲーション機能は最終的にはARメガネの機能としてリリースされるのではないかということです。 むしろ、上図でおわかりのように、目の前の本物の街路の画像の上にARで大きな矢印と読みやすい街路標識をオーバレイで表示することで、どっちへ行けばいいかがわかる。 GoogleマップのARの今後は? 現在はスマートフォンでの利用となりますが、 もともとはGoogleグラス向けに開発していたものかもませんね。 ここではAndroid版(Pixel 3a)を例に、特徴と使い方を解説します。 地図上の特定のエリアをチェックすると、そのエリアに関する「食事」「イベント」「アクティビティ」などが表示されます。

次の

正しい道がハッキリわかる。GoogleマップにARナビがやってくるぞ! #io18

google マップ ar

また、風景がモノトーンでひょうじされるため、青で浮かび上がってくる表示が見やすいです。 利用できるのは徒歩でのナビゲーションのみ ARナビはスマートフォンの画面をかざした状態で方向をチェックするので、そのまま歩き回るととても危険です。 これとはまったく別に、Googleマップがアップデートされ新機能が追加されています。 そのため具体的なリリース時期についてはまだ未定のようですが、何度もテストを重ねた機能であれば、我々としても安心して利用することができそうですし、落ち着いてリリースを待つことにしましょう。 ARで想起される「常にARがONで、ルートが見えている」状態とは少し違う使い方になります。

次の

GoogleマップがARナビゲーション機能に対応、カメラをかざすだけでナビが可能に

google マップ ar

2進行方向に歩く スマホのカメラを 進行方向に向けたまま歩くと、警告が表示されます。 また、画面下部には近隣の地図も表示されている。 現在のバージョンでのやり方 ナビを開始します。 従来のGoogleマップだと、地下鉄の駅出口が道路に対してどの方向を向いているのかわかりにくいこともある。 駅や地下街の出口から目的地までのナビと考えて利用するといいでしょう。 中国語 繁体字• — せー CyanosMod GoogleマップにARが来てた。 2019年と2020年は、携帯電話もWi-Fiも次世代通信がスタートし、通信速度が10倍もあがって、今までダウンロード容量が多くて敬遠されていたARやVRもラクラク実現できる社会が来ます。

次の

単一カメラで深度マップを生成して高度なARコンテンツが手軽に作成できるようになる「ARCore Depth API」が何億台ものAndroid端末で利用可能に

google マップ ar

グーグルは5月7日に、GoogleマップのAR対応を一般向けに実装することを発表しました。 「Playground」の動画は ARメガネがリリースされ、Googleマップの新機能にも対応すれば、歩きスマホを気にする必要もなくなります。 関連記事: (Google Travelに時間制限付きお買い得航空券通知機能が登場、未訳) [] (翻訳:iwatani、a. 今回Googleマップには、そのほかのアップグレードもいろいろあり、例えば「Reservations」タブは飛行機やホテルなどの予約をすべて1カ所にまとめてオフラインで保存する。 大手町・丸の内エリアは似たような建物が並ぶビル街のため、方向音痴の自分は方向を見失ってしまうことがよくありますが、ARの矢印の通りに進むことで迷わずに目的地にたどり着けました。 Pixelシリーズを使用しているユーザーは即日対応とのこと。 実際機能しませんでしたw そしてまた機密保持の念を押される・・・。

次の