Line アンケート コロナ。 新型コロナのLINEアンケートに“便乗詐欺”か…厚労省が注意喚起「本物の見分け方」

第1回「新型コロナ対策のための全国調査」の結果及び第3回「新型コロナ対策のための全国調査」の実施のお知らせ

line アンケート コロナ

また、経済的影響を受ける関係職業・職種の方々には、公的資金からの補償も含めて直ちに制度的なサポートを提供できるよう検討を進める必要があります。 関連リンク• 通信アプリ大手のLINEは、新型コロナウイルス対策で厚生労働省と情報提供の協定を結び、この一環として、8300万人を超える国内の利用者を対象に、31日から健康状態などの調査を行うことになりました。 08 沖縄県 0. なお、LINEの国内アクティブユーザー数は8,300万人 2019年12月末時点。 08 大分県 0. この用途以外で利用することはなく、調査に回答したデータは統計処理されるほか、調査・分析後は速やかに破棄するという。 厚生労働省から発表されている結果につきましては、下記をご参照ください。 新型コロナ対策のための全国調査は、より広域に調査・分析を行なうことを目的に実施。

次の

【LINE×厚生労働省】新型コロナのアンケートに協力しよう!|目的・対象者・質問内容について

line アンケート コロナ

前回調査時点同様、「マスクが手に入らない」は男女ともに最も高く男性は6割弱、女性は7割弱という結果に。 第1、2、3回 「新型コロナ対策のための全国調査」調査結果 まとめ• 今回の件を踏まえて公式のLINEアンケートについてしっかり確認し、本物と偽物を見極めて詐欺に合わないように気をつけましょう!. 」とLINEが発表しています。 対象は、日本全国のLINEユーザー。 次いで高いのが「金融業・保険業」で58%、また「学校・教育法人」「卸売業・商社」「不動産業」が40%以上と続きます。 07 山梨県 0. データは新型コロナウイルス感染状況の把握や感染拡大防止のための有効な対策を検討するために活用される。 【調査でわかったこと】• 体調や通院状況などを聞いて集計し、結果を厚労省に提供する。 3密回避をそれぞれの項目で見ると、密接(他の人と近い距離での会話や発声をしない)が最も実施割合が低く難しいことが分かりました。

次の

厚生省の“新型コロナLINEアンケート”第1~3回の調査結果発表 テレワーク導入率最大は東京で52%、5%未満の県も(ねとらぼ)

line アンケート コロナ

不安や悩みを医師に直接相談したり、コロナウイルスの最新情報を知ることができたり、LINEでできることを以下のページでご案内しています。 厚生労働省と3月30日に締結した「新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報提供に関する協定」に基づくもの。 08 島根県 0. 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、厚生労働省がSNS大手のLINEと協力してLINE利用者8,300万人を対象に3月31日からアンケートを行っている。 幸い私に届いたアンケートは公式のものだったので問題なく回答できましたが、これが詐欺だったらと考えると怖くなります。 回答は統計処理され個人は特定されないという。

次の

LINEの厚生労働省のコロナアンケートは詐欺で怪しい?結果発表はするの?

line アンケート コロナ

09 三重県 0. 正しい情報を分かりやすく伝える工夫や偏見への対策も重要な課題だ。 (郵便番号のみ) (郵便番号を回答) 郵便番号が不明の場合、お住まいのご住所を入力ください (都道府県と市区町村を選択)) これ以外の質問がある場合は怪しいと判断し、回答しないようにしましょう! まとめ LINEアンケート詐欺を見分ける方法として、 LINE公式アカウント からアンケートが届き 「公式バッジ」 がついていることを確認する! LINE公式アカウントは、アカウント名に緑色の公式バッジと「LINE」という文字が表示されています。 1 大阪府 0. SNSの利用を最大化したアンケートですよね。 【スポンサードリンク】 LINEの厚生労働省のコロナアンケートの結果発表はするの? 今回は第1回ということで 3月31日 火 ~4月1日 水 が回答期限になっていて、 第2回は4月5日実施予定 とのことです。 5度以上)の割合を示すもので、あくまで新型コロナウイルスの感染状況の一つの間接指標であり、絶対的な指標ではありません。

次の

新型コロナ対策にLINE活用 ― ユーザー8,300万人対象に健康調査 厚労省に提供 [インターネットコム]

line アンケート コロナ

ウェブページから参加する 以下のページからも調査に参加することができます。 また、上記業種ほどではないものの「製造業(自動車関連)」「マスコミ・メディア関連」「運輸・運送・倉庫業」「百貨店・ドラッグストア」の業種でも、新型コロナウイルスによる外出自粛や休業要請の影響を受けての、収入減少への不安が高まっていることがわかりました。 11 新潟県 0.。 Liz21900 こんなの来た! ちゃんと回答したけど、何がわかるのかな? — Taka Milanista MilanistaFuse ニュースで言ってた調査がきたので回答した。 厚生労働省からの呼びかけにLINEが賛同する形で、3月27日から30日にかけて、1都3県(神奈川県、埼玉県、千葉県、東京都)に在住登録している「LINEリサーチ」のモニターに対し「新型コロナの状況把握アンケート」を実施。 エリア別では東京都に最も体調不良の割合が高い傾向が見られました。

次の

【LINEリサーチ】本日の全国調査に先行して一都三県を対象に「新型コロナの状況把握アンケート」を実施 |LINE株式会社のプレスリリース

line アンケート コロナ

第1回「新型コロナ対策のための全国調査」結果• 調査をするだけして、 調査結果は発表されるん でしょうか? アンケートに記載されている 説明によると 個人を識別できない形で 統計情報として公開される ことがあります。 そして、トーク画面ではアカウント名の左側に緑色の 「公式バッジ」が付く。 感染者がまた増えてきている為。 本アンケートはLINE株式会社において実施するものですが、上記協定に基づく情報提供に資するものですので、可能な限りご回答をいただけますようお願いいたします。 郵便番号(または住所) の 3項目である場合は公式です。 今回、特に緊急事態宣言が発令された7都府県の方々においては、「家にいること」、「不要不急の外出を避けること」の2点が最も重要であることをこのデータからも強調したいと思います。 職業・職種の6グループ グループ(1) 現状の業務体制では3密回避や社会的距離の確保が難しいと思われる職業・職種 (例:比較的長時間の接客を伴う飲食店を含む対人サービス業、外回りをする営業職など) グループ(2) 業務の中で3密が発生し、社会的距離の確保も困難だが、個人として感染症対策についての専門的知識を有する対人援助職 (例:医療職、介護職) グループ(3) 3密回避や社会的距離対策の一定の導入が進んでいる職業・職種(例:内勤営業(オフィスワーク中心)、流通・物流業システム(卸・小売り、運送業等)など) グループ(4) 通常3密、社会的距離の確保が難しい環境下だが、休校措置などで一定期間対策はなされている (例:教職員、学生・生徒) グループ(5) 自粛条件下で、個人での3密回避や社会的距離対策が比較的容易 (例:専業主ふなど) グループ(6) その他 (上記以外) 結果1 調査の結果から、3密回避や社会的距離の確保が難しいと思われる職業・職種(グループ(1))において、他グループと比較し、発熱者(37. アンケートの参加方法はこちらをご確認ください。

次の

厚生省の“新型コロナLINEアンケート”第1~3回の調査結果発表 テレワーク導入率最大は東京で52%、5%未満の県も(ねとらぼ)

line アンケート コロナ

次回は4月5日に予定しているそうです。 LINEユーザーのみを対象としていることや、感染症予防の意識が高い人ほど回答する傾向にあるなどの可能性が考えられるためとのこと。 ご協力ありがとうございました。 例えばマスクや防具服などの優先的な供給、体調不良時に休みやすい環境整備、労働衛生教育や作業環境の管理、公的資金からの特別手当なども考慮されるべき事項だと考えます。 介護職についている。 そういった業種の方々の不安の声を以下一部ご紹介します。 LINEの厚生労働省のコロナアンケートの内容は? アンケートの内容は 普段通り 37. 06 愛知県 0. LINEは、4月5日から4月6日の期間、日本全国のLINEのユーザー8,300万人を対象に、第2回「新型コロナ対策のための全国調査」 を実施いたしました。

次の

厚労省、LINEと共同で新型コロナの状況把握アンケート実施

line アンケート コロナ

09 山口県 0. 政府が言う事は大手の会社が出来る事ばかりで中小企業などではできない事ばかり 男性30代,会社員• ・ご年齢を教えてください。 「第1回『新型コロナ対策のための全国調査』」と題されたそのアンケート調査のメッセージは、全国すべてのLINEユーザーに送信された。 また年代では、30代に最も体調不良の割合が高い傾向が見られました。 また、従来型の調査パネルと異なり、リサーチ興味度の薄い層にもコンタクトが可能なため、より一般的な意見を収集できます。 集めたデータは集計後速やかに廃棄されるとのことです。 調査結果は、協定にもとづき、新型コロナウイルス感染状況の把握や感染拡大防止のために利用。

次の